経営理念

明日の日本を築く、ロマンと、誇り。
豊かな精神を育む企業文化づくり。

区切り線

精神の豊かさ

これからの時代は物を大切にするという精神面が豊かにならねばならないだろう。
限りある資源を生かして地球全てを豊かにしようと言う気持ち、そのためにはまず人間が変わらねばならない。
それが日本の繁栄を維持していく唯一の方法である。

精神の豊かさ

区切り線

青春

若者が喜んでこの業界に飛び込もうとする体制をつくらねばならない。
この業界は未来を創り上げていくロマンに満ちた仕事だ。
バイタリティあふれる若者こそふさわしい。
21世紀の建設業界をより魅力的にするため時代の流れ、若者の意見を取り入れて体制を創らねばならない。
若者が自ら職場に自分の生活基盤を創り仕事に誇りを持てるようにしたい。
ただ仕事をするのではなく生きがいを見付けられる環境作りが必要なのだ。

青春

区切り線

全員経営者

我々の仕事はその質が営業活動、広告活動になる。
良い仕事だけがお客様の心を捉える。
嫌われる金をいくら儲けてもだめ。
よくやってくれたと言われる金が報酬である。
そのために若者も、年配者も、一人一人が責任者であり経営者である。
だから色々な人がいてもいい。中にははみ出す人がいてもいい。
それが企業の活性化につながる。
人生はマラソン。仕事に惚れて練習を積み、プロの集団としてともに長い人生を走り続けよう。

全員経営者

区切り線

技術

機械化がどれほど進んでも人間の手でやらねばならないことは沢山ある。
モノに頼り過ぎてはいけない。
技術は人に蓄積する。
だから企業にやる気のある人が一人でも多くいることが大切なのだ。
技術、技能は人から人へと伝わっていく。
楽をしてより大量に、高品質のものを創ろうとする志向で日本はここまで豊かになった。
それ以上のものを求めるなら精神を豊かにすることしかない。

技術

区切り線

夢

人間が人間の価値を決められるわけではない。
それぞれ生い立ちもバラバラの人間同士。
人に対する思いやり、ちょっとした心づかいだけが人間の結び付きを深める。
お互い幸せになろう。
企業とはそこをステージとして集うものが同じ夢をもてること、同じ考え方、同じ価値観を持てることが一番大切なのだ。

夢

区切り線

原点

企業が成長すると、寒々しくなると言われる。
それは初心を忘れてしまうからだ。
豊かになったからといって、原点を忘れてはいけない。
建設業の原点は法隆寺にある。
それは日本人の生活の知恵の結晶である。
それは今日の日本を導いてくれている。
先達の還産を現代に生かし、常に未来を見つめよう。

原点

事業地域 首都圏エリア 東海エリア

海津建設事業部一覧

ユーミーマンション 暮らし継がれる家 三井ホーム